ちょうどいいRecords Monthly Chart 2018/9/1~10/3

『ちょうどいいRecords Monthly Chart』とは?

福岡のFMラジオ局LOVE FMで、毎週土曜日21時から放送中のカルチャー番組“Labels Fukuoka”で月一回放送中のコーナー。
この時間では、『ちょうどいいRecords Monthly Chart』と題して、DJちょうどいいが毎月国内音楽シーンからオススメの新譜チャート5曲)とDJ MIXをお届け。

10/13にオンエアーされたTOP5に加え、ラジオで紹介しきれなかった5曲を加えた10曲をランキング形式でまとめて紹介しています。

それでは早速今月のチャート行ってみましょー!

10位. eill / ONE feat. K.vsh

9位. Taeyoung Boy / Ain’t nothing feat. Friday Night Plans

8位. Special Favorite Music / ロングハローグッバイ

7位. 冨田ラボ / Let it ride feat. Kento NAGATSUKA

6位. 折坂悠太 / 坂道

5位. Magic, Drums & Love  / 大東京今夜的愛

2018年4月にリリースされたシングル「恋はパラディソ」が大好評だったMagic, Drums & Loveのニュー・シングル。
全DJ垂涎(すいえん)のフロアライクなダンスチューン。

4位. きのこ帝国 / 金木犀の夜

きのこ帝国、約2年振りのニューアルバム『タイム・ラプス』より。「だいたい夜はちょっと感傷的になって、金木犀の香りを辿る。」こんな歌詞から始まる、秋にぴったりな哀愁のナンバー。
ヴォーカル佐藤千亜妃はこの夏ソロデビューを果たしたばかり。2つの活動から目が離せません。

3位. STUTS / Changes feat. JJJ

星野源の新曲「アイデア」参加でも話題を集めているMPCプレイヤー、トラックメイカーのSTUTS。
待望のセカンドアルバム「Eutopia」より、JJJを客演に迎えた、「夜を使いはたして」に続く新たなアンセムとなるであろう1曲。

2位. Tempalay / どうしよう

これまでサポートメンバーだったAAAMYYYを正式メンバーに迎え、新体制での活動となったTempalay。
9月リリースのミニアルバム「なんて素晴らしき世界」よりリード曲「どうしよう」をチョイス。サイケ感とポップさを併せ持つキャッチーな1曲。

1位. Sweet William & Jinmenusagi / so goo

唾奇との共作「Jasmine」で一躍HIPHOPシーンの中心に踊り出たSweet William。
青葉市子に続いて、今度はラッパーJinmenusagiとのジョイント・アルバム『la blanka』をリリース。
リードシングルとなる今作は、Chillなトラックと耳障りのいいラップ、思わず口ずさみたくなるサビが印象的なメロウチューン。

今月のMonthly Chartいかがでしたか?秋の夜長にぴったりの、メロウな楽曲が多くランクインしましたね!

 

LOVE FM Labels Fukuoka ちょうどいいRecords Monthly Chart 9月号

お聞き逃しのかたはこちらからどうぞ。

LABELS FUKUOKA | LOVE FM | 2018/10/13/土 21:00-22:00

http://radiko.jp/share/?sid=LOVEFM&t=20181013213305

こちらで紹介した楽曲は、Spotify Playlistでも視聴できます!

それでは次回、11月のちょうどいいRecords Monthly Chartもお楽しみに!!!