2018年上半期 BEST ALBUM TOP10 / DJちょうどいい

先ほどの記事でBEST SONG TOP 10を発表しました。
続いてBEST ALBUM!
こちらは1位から発表します!

 

DJちょうどいいが選ぶ上半期 BEST ALBUM TOP10

 

1,cero / POLY LIFE MULTI SOUL

誰もが認める名盤「Obscure Ride」から、ここまで振り切ったアルバムを作ったceroには脱帽。間違いなく今後の日本の音楽シーンに多大な影響を与えるであろう一枚。

 

2,宇多田ヒカル / 初恋

「 誓い」「Forevermore」「Too Proud featuring Jevon」の流れには痺れました。Too Proudの宇多田のフローはどのラッパーよりもイケてると思いました。

 

3,BASI & THE BASIC BAND / Rainy EP

BEST SONGにJULIET RE EDITを選びましたが、全編があの気持ちよさで溢れています。

 

4,SUKISHA / Segment of Cakes

ご存知ない方は一度聴いてみてください。才能が伝わるはずです。

 

5,KIRINJI / 愛をあるだけ、すべて

新生KIRINJIには期待しかありません。

 

6,Suchmos / THE ASHTRAY

個人的には、今のシーンの流れはCERO/Obscure RideとSuchmos/THE BAYの上にあると思っています。
その2組が今、完全に違うところ、次のステージを目指しているのはとてつもなく凄いことだなと感じています。

 

7, Pitch Odd Mansion & MS Entertainment Presents / “2 HORNS CITY #2 -Rain Library-“

Pitch Odd Mansionによる人気コンピレーション第2段。kiki vivi lily絡みの2曲がお気に入りです。

 

8,椎名林檎トリビュートアルバム / アダムとイヴの林檎

みんな大好き椎名林檎のトリビュートアルバム。

 

9,青い果実 / AOKAJI

はまる人ははまる。それも深く。

 

10,パソコン音楽クラブ / DREAM WALK

話題のDTMパソコン音楽クラブの初の全国流通となるフルアルバム。

 

2018年上半期BEST SONG ALBUM TOP10いかがでしたでしょうか?下半期のリリースも楽しみですね!

Spotifyで毎週新譜を紹介するプレイリストを更新しています。そちらも良かったらチェックしてみてください!

https://open.spotify.com/user/2xj3ewwud5mhwrds881t0bdrj?si=NRZgRsW5T2iJxpYhyQdHxA