2018年上半期 BEST SONG TOP10 / DJちょうどいい

お久しぶりです。
早いもので2018年ももう折り返し地点。
体感では3日くらいしか経っていないのですが。笑
今年も良曲のリリースが続いております。
今回は私DJちょうどいいが選ぶ上半期 BEST SONG ALBUM TOP10を紹介したいと思います。
まずはBEST SONGから!

 

DJちょうどいいが選ぶ2018年上半期 BEST SONG TOP10

 

10,TOKYO HEALTH CLUB / NO NINJA TOKYO feat. 鋼田テフロン

この組み合わせは意外でしたね。でも凄くはまっています。

 

9,SIRUP / LOOP

イントロ一発で持っていかれますね。中毒性ありのためお気をつけて。

 

8,BASI & THE BASIC BAND / JULIET RE EDIT

ChillなHIPHOPの最高峰。このバンドサウンドにこのラップ、気持ちよすぎる。

 

7,踊Foot Works / Bebop Kagefumi

独特なリズムが特徴的な踊Foot Works。これはみんな好きでしょ!

 

6,さとうもか / Lukewarm

今年一番のサプライズ。入江陽プロデュースと聞いて納得。

5,ZORN / Walk This Way feat.AKLO

先日リリースされたばかりの一曲。ZORNのこの路線ははっきり言ってずるい。外すことがない。僕もおにぎりはシーチキン派です。

 

4,KIRINJI / 時間がない

新生KIRINJIによる、残りの人生を思う遠回しな愛の歌。

 

 

3,宇多田ヒカル / Play A Love Song

宇多田ヒカルは僕たちを裏切らない。

 

2,SOIL&”PIMP”SESSIONS /comrade feat.三浦大知

組み合わせの妙。イントロからくらいましたね。そこに三浦大知のボーカル、最高です!

 

1,EVISBEATS / 夢の続き feat.田我流

Japanese Hiphop Classic「ゆれる」の続編。人生賛歌。
今年の春にLOVE FMの番組「Teenage Peeps」で、ちょうどいいRecordsがDJ MIXのコーナーを担当させて頂きました。
そこで、ゆれるから夢の続きをお届け出来たのは、DJをやっていて良かったなと思えた瞬間です。
さらに、ラジオで流れたMIXを聴いた高校生から、自分もDJを始めたいと思ったと連絡を頂いたり、まさに夢の続きのような体験も。
そういった思い出込みで選ばせていただきました。

いかがでしたでしょうか?次の記事ではBEST ALBUM TOP 10を発表させていただきます!